09
   

エクセルのテーブル機能を使ってみる その4

キャプチャ
図1:エクセルでテーブルを設定した表

その3まででテーブルのスタイルを設定して行の操作を確認しました。


テーブルは便利な機能ですが、表が完成してよそ行きの資料に使うには舞台裏が見えてしまいますので、ちょっと照れちゃいます。

項目行にはフィルターの「▼」が表示されていますし、テーブル右下にはテーブル範囲のハンドルが表示されています。このままパワポなどに貼ると一発でエクセルのテーブル機能を使っているとばれてしまいます。

--みょ 別にいいみょ

う~ん。美意識の問題だけかもしれません。それに、テーブルゆえの制限だってあります。一応解除手順も確認しておいたほうがよさそうです。


テーブルを解除するには、テーブル内のセルを選択して「デザイン」タブの「ツール」にある「範囲に変換」をクリックします。表示されたポップアップウィンドウの「はい」ボタンをクリックします。

キャプチャ
図2:テーブルの解除

テーブルが解除できました。

キャプチャ
図3:テーブルの解除


--みょ スタイルが残ったままテーブルが解除できたみょ でも、スタイルも全部解除したいときもあるみょ

うん。一時の気の迷いでテーブル機能を使って、やっぱり思い直して元に戻したいときもあります。

スタイルも含めて元に戻す方法は2つあります。

1つはテーブルを解除してから、スタイルを設定していないセルから書式だけコピペする方法で、2つ目はテーブル機能で書式を標準スタイルに変更してからテーブルを解除する方法です。

--みょ テーブルは解除できたのだから、セルの書式を設定する方法もあるみょ

うん。それだと、見出し行の文字色とフォントと、縞模様の背景色と、罫線と結構面倒ですので上記2つの方法がいいかと思います。


ということで、その5でスタイルが設定されたテーブルの解除方法を確認していきます。

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2
エクセルでチャートを描いてみよう

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事








使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告