09
   

上海総合指数がチャイナショック安値まで下落しています

キャプチャ
図1:上海総合指数週足5年チャート

上海総合指数がチャイナショックの2016年の水準まで下落しています。


図1にチャイナショックのイベントをまとめてみました。こうやって並べてみると、やっぱりいろいろありました。一言でチャイナショックというのはちょっと短絡すぎるかもしれません。

--みょ んでもひとまとまりだみょ

うん。時期的にはまとまっていますし、現象としても中国経済が世界経済に影響を与えたということでいいかと思います。さらに、突き詰めれば中国バブルの崩壊ということでいいのかもしれません。


出来高を見ると、2014年の後半から出来高が増えて、2016年の安値を付けるまで出来高が膨らんでいます。

--うに? 今回は増えていないみょ

うん。水準としてはチャイナショック以来ですが、下げ幅そのものは大きくありませんので、出来高も増えていないのかもしれません。


とは言っても、今回は米中貿易摩擦が絡んでいますので、根が深いかもしれません。さらに、日本株も上海総合指数に引きずられて値を崩す場面もあります。

トランプ親方は追加制裁をどんどん発表して、中国も対抗措置を発表してとどまるところを知りません。

チャートを見てもまだまだ下がりそうです。チャイナショック安値を下抜けるとバブル前の水準まで下落することも考えられます。

しばらくは上海総合指数の動きから目が離せない相場が続きそうです。

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2
エクセルでチャートを描いてみよう

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事








使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告