11
   

うん Microsoft Officeで数式を描いてみよう

キャプチャ
図1:Microsoft Officeで書いたブラック–ショールズモデル

エクセルやパワーポイントやワードを使っていて、計算式を表示したくなる時があります。


--みょ エクセルで計算式の表示にすればいいんだみょ

うん。それだとexcelの計算式をそのまま表示するだけです。「a×b」だって「a*b」になってしまいます。「*」が「かける」だというのはエンジニアのエゴです。学校で習った「かける」はあくまでも「×」なのです。

ということで、計算式として表示するにはexcelなどで計算するための計算式とは別の表示が欲しくなるのです。

--みゅぅ ならないみょ 欲しけりゃ手書きで書いてスキャンすればいいんだみょ

う~ん。そうかもしれません。少なくとも計算が実行できればいいということもあります。


昔のMSオフィスには計算式作成ツールがついていました。ワードやエクセルと同じ並びで計算式作成ツールってのがあったと思います。でも、今のバージョンでは機能はあっても、作成ツールというのは付いてきません。

なんだか採用していたサードパーティーツールが廃止されたからオフィス2007からなくなったようです。

ただし、microsoft Officeの多くのツールで計算式作成機能が使えます。

--みょ 使えないツールもあるの?

うん。outlookとかは無理なようですし、未確認だけどAccessとかも無理っぽい。多分、図形描画できるツールなら使えると思います。


マイクロソフトのサイトに数式の説明がありますが、ざっくりとした機能紹介ですし、英語からの自動翻訳とのことで少しわかりにくい。

キャプチャ
図2:Microsoft Word で UnicodeMath と LaTeX を使用した線形書式の数式

--みょ Wordでってなってるみょ

うん。Word用に書かれていますが、ExcelとPowerPoindとOneNoteでも使えます。

ここではUnicodeMath と LaTeXで書く方法が解説されていますが、ざっくりいうと、人に近いのがUnicodeMath でコンピュータに近いのがLaTeXということです。LaTeXのほうが使い勝手はいいのですが、ちょっと覚えにくいかもしれません。


このブログを書くきっかけが、わかりやすくまとまった資料が見つかりましたので、自分用にもリンクを貼っておきたかったのです。

--みょ そういうのは自分の「お気に入り」に入れておけばいいんだみょ 世界に発信する必要はないみょ

てへ。いやね。他にも知りたい人がいると思うのです。共有ってやつです。

キャプチャ
図3:愛知県高等学校数学研究会 数学科教育情報委員会 Word による数式入力マニュアル(H26.09.06 版)

愛知県高等学校数学研究会 数学科教育情報委員会がわかりやすくまとめてくれているのです。ありがたいことです。

--みょ 高校生向け?

うん。今どきの高校生恐るべしです。

ということで、リンクだけでも良かったのですが、一応。記事にしてみました。

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2
エクセルでチャートを描いてみよう

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事








使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告