11
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

ペイント3Dはペイントの代わりになるのか その2

キャプチャ
図1:ペイント起動画面

ペイント3Dの使い方を確認しながら、ペイントの代わりになるのかを検証しています。


その1でペイント3Dの起動とペン入力を確認しました。

もきち♪はペイントを、画面キャプチャなどの画像に加筆したりといった加工作業で使っています。この作業が置き換えられないと、ペイントの代わりには使えません。

ということで、画面キャプチャなどで画像をクリップボードにコピーして、ペイントを立ち上げたという設定が図1です。

--みょ 左上にちっちゃな四角が表示されているみょ

うん。コピーする画像のサイズはまちまちです。コピーした画像よりもペイントのキャンパスが大きいと、画像を張り付けたときに余白ができます。そのまま「名前を付けて保存」すると、余白まで含めて保存されます。

--みょ 何言ってんだかわかんないみょ

うん。キャンパスのサイズで保存されます。

キャプチャ
図2:大き目のキャンパス。

大き目のキャンパスに小さい画面を貼り付けて名前を付けて保存すると余白まで含めて画像として保存されます。

キャプチャ
図3:余白も含めて保存された画像ファイル

ペイントではキャンパスサイズをちっちゃくしておけば、貼り付ける画像に合わせて自動でキャンパスサイズが広がります。

キャプチャ
図4:ちっちゃめのキャンパスに画像を張り付けると自動でキャンパスサイズが広がる

そして、ありがたいことに、キャンパスサイズを一度ちっちゃくしておけば、自動で広がっても、次にペイントを立ち上げたときにはキャンパスサイズがちっちゃいままなのです。何も考えずに貼り付けられる。

キャンパス3Dでもキャンパスサイズは自動で変更されますが、次回立ち上げたときには元に戻っています。ひと手間増えますが、まあ。許容範囲です。


その3から実際に画像を張り付けて、加工していきます。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2
エクセルでチャートを描いてみよう

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事








使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告