11
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

ペイント3Dはペイントの代わりになるのか その8

キャプチャ
図1:ペイントでモザイク加工した画像

ペイント3Dの使い方を確認しながら、ペイントの代わりになるのかを検証しています。


その7でペイント3Dに追加された機能を確認しました。

ペイント3Dではペイントよりもポップな機能が追加されていました。

でも、ペイントにあってペイント3Dに見当たらない機能があります。中でも、「サイズ変更」機能が困ります。

例えば、ファイルサイズが大きいデジカメ写真などをサイズ圧縮して扱いやすくしたり、図1のように一度解像度を落とすことでモザイク加工したりするときに「サイズ変更」が便利です。

この「サイズ変更」がペイント3Dに見当たらないのです。


--みょ 恥ずかしい部分が隠せないみょ

うん。もきち♪のWindowsアカウントやわずかな資産など恥ずかしい部分が隠せません。

代わりにはなりませんが、ペイント3Dには「マジック選択」というちょっとうれしい機能があります。

妖精さんを選択してお散歩させて遠近感を持たせるとこんな感じです。

キャプチャ
図2:ペイント3Dのマジック選択

--みょ 妖精さんがお散歩できるみょ

うん。抜き出せて背景もちゃんと後始末してくれます。妖精さんも安心です。

でも、顔出しNGの妖精さんは困ってしまいます。


ペイント3Dにも2次元範囲を選択する機能はあります。切り取ってサイズを変更したり、位置を変えたり、回転したりといったことは可能ですが、モザイク処理はできません。

キャプチャ
図3:ペイント3Dでの範囲選択


とまあ。ペイント3Dを使えばペイントでやっていた機能の多くは代替できます。そして、ペイント3Dで追加された楽しそうな機能もたくさんあります。

でも、お手軽にモザイク処理を行う機能はなくなったかもしれません。

とは言っても、まだ使い始めたばかりですので、手になじんでくるまで少し使ってみようと思います。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2
エクセルでチャートを描いてみよう

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事








使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告