07
24
25
26
27
28
29
30
31
   

13日の金曜日を考える その4 ~13日のリスト作成の方針~

キャプチャ
図1:日経平均 13日の金曜日 前日差 1991年から

Microsoft Excelで13日の金曜日を抽出しています。その3でEOMONTH関数を使う方針が決まりました。


EOMONTH関数の書式は、「EOMONTH(開始日, 月)」です。「開始日」から「月」数分経過した月の最終日を返してくれます。

つまり、特定の期間の13日を抽出するには、基準となる「開始日」を決めて、「月」を1ずつ増やしていけばいいということになります。

--みょ 一つずつ増やすってややこしそうだみょ

うん。計算式の中の数字を増やしていくというのは少し厄介です。連番の列を設ければ簡単ですが、それじゃあおしゃれじゃない。


あまり関数を増やしたくはありませんが、ここはあきらめて「ROW関数」を使うことにします。「ROW関数」は指定したセルの行番号を教えてくれます。

書式は「ROW([範囲])」です。式が入力されているセルの行番号を調べるには範囲を省略して「ROW()」となります。


以上から、13日のリストを作成するには「EOMONTH(開始日,ROW関数を使って連番)」で月末を指定して、「13」を足すことで各月の13日を求めるということになります。

必要なのは「開始日」と「ROW関数の基準となる行」を指定するということになります。


何だか説明が長くなりましたが、その5から実際に13日のリストを作成していきます。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2
エクセルでチャートを描いてみよう

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事








使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告