09
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

企業決算短信の抜粋表を作成しよう その15

キャプチャ
図1:データを更新して「売上高の減少」を超えて「利益が減少」している企業を抽出

エクセルで3月決算企業本決算短信の抜粋表を作成しました。その14までで「売上高の減少」を超えて「利益が減少」している企業と「増収減益」の企業を抽出しました。


5月15日まで3月決算企業の本決算が続きましたので、データを最新に更新したのが図1です。

--みょ ざっくりしているみょ

うん。今まで書いたことの繰り返しですので、ここではざっくりと割愛して進めます。


「変化率」が「1」よりも小さい銘柄が抽出できました。でも、「売上高」よりも「経常利益」がぎりぎり多かった銘柄と、「増収減益」となった銘柄を一緒にはできません。

--みょ 五十歩百歩だみょ

うん。でも五十歩と百歩では倍違うのです。大きな違いです。

ということで、「変化率」で並べ替えてみます。

「変化率」右の「▼」マークをクリックして「昇順」を選択します。

キャプチャ
図2:変化率での並べ替え

「売上高」の増減に対して「経常利益」が大きく減少した順番に並べ替えられました。


今回は「売上高」の増減と「経常利益」の増減で一覧表を作成しました。

これは決算の一部分しか評価できていません。例えば「経常利益」の減少が「売上高」そのものに対する割合も見ないといけません。また、「純資産」の増減も気になります。

でも、この表ができていれば、これらのリストも「フィルター」で簡単に作成できます。

今回の決算で目立ったのが、原油などの資源価格上昇と人件費上昇による費用の上昇です。業種によっては「売上高の減少」を超えて「経常利益の減少」があっても仕方がないのかもしれません。

といった評価も、まずはこの表を作成してからだと思っています。一度作成してみてはいかがでしょうか。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2
エクセルでチャートを描いてみよう

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事






使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告