11
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

ドル円相場と日経平均株価

キャプチャ
図1:ドル円相場と日経平均株価6か月散布図

先日の記事「日本株と為替の微妙な関係」で今の日経平均株価は為替感応度が高くなっていることがわかりました。


気になったので、図1にドル・円相場と日経平均株価の相関図を作成してみました。

横軸がドル・円相場で、右に行くと円安・ドル高で、左に行くと円高・ドル安です。縦軸は日経平均株価で上に行くほど高くなります。

直近のポイントを赤で大きく表示してあります。

赤の破線が最小二乗法による1次近似線で、近似線の数式を表示してあります。

--みょ 右上がりだみょ

うん。円安・ドル高になれば日経平均株価が上昇するという正の相関があるといえます。


近似式は「y = 236.95x - 3500.9」となっています。近似式ですし、1ドル14円の超円高になったら日経平均株価はマイナスになってしまいますので、どこまでいってもこの式に従うということはありません。

--みょ 日経平均株価はマイナスにならないみょぉ

うん。あくまでも、この6か月の相関関係の近似式なのです。でも、1ドル100円を代入すると日経平均株価が20194.1円となって、ぐっと現実味を帯びてきます。


6か月の動きを線でつないでみます。最近の動きを赤戦で表示してあります。

キャプチャ
図2:図1の動きを線で補間

--みょ 近似線に沿った動きだみょ

うん。今はやっぱり為替感応度が高くなっています。為替とともに動いているようです。


日本株は為替の影響を強く受けます。特にドル・円。日本株の主力は輸出産業ですから、円安・ドル高になると利益が増えて株も上昇します。

とはいっても、為替がすべてではありません。為替との相関が強い時と弱い時があります。その時々で、為替感応度を把握しておくと少しだけ幸せになれるのかもしれません。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2
エクセルでチャートを描いてみよう

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事








使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告