07
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

エクセルでチャートを描いてみよう その3




改めてエクセルでチャートを描く手順を確認しています。その2でSBI証券のHYPER SBIを使ってデータをダウンロードすることにしました。


HYPER SBIからは「時系列」からダウンロードします。「時系列」は左上の「メニュー」から選択することも可能です。

キャプチャ
図1:HYPER SBIの時系列

ただ、個人的には「チャート」右上にある「時系列」ボタンが好きです。チャートを確認してダウンロードに進めます。

キャプチャ
図2:チャートの時系列ボタン

--みょ どっちでもいいみょ

うん。もちろんどちらでも結果は同じです。


「時系列」画面で「証券コード」を入力して目的の銘柄を表示します。ここでは「7203」トヨタ自動車で進めます。

「修正」「未修正」は、株式の分割などの修正を施すかどうかですので、特別な意図がなければ基本的に「修正」で進めます。

足腫は「日足」で進めます。その右側の窓で期間を設定します。

キャプチャ
図3:時系列ウィンドウ


今回は250営業日のデータを使いますが、HYPER SBIからのダウンロードは本数の指定ができません。そこで、とりあえず多めにダウンロードして後で削除します。

期間の窓で左側に1年半以上前の日付を入力します。例えば「2017」となっている年を「2016」とかに変更して「検索」ボタンをクリックします。

キャプチャ
図4:期間の変更

目的の時系列データが表示されたら「CSV出力」ボタンをクリックして適当な場所にファイル名を付けて保存します。ここでは例としてデスクトップにそのままのファイル名「TimeChart.csv」で保存します。


データがダウンロードできましたので、その4からデータの加工に入ります。


Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2
エクセルでチャートを描いてみよう

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事








使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告