10
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

たまにはビットコインも気にしたりします

キャプチャ
図1:ビットコイン価格変動 2009- USD

たまにはビットコインも気になります。もきち♪だって口座は持っています。取引したことはないけど。


いやね。下落しているのは知っています。ニュースでも忘れたころに話題になります。でも、あまり真剣に見ていません。

ということで、調べてみたのが図1です。

ビットコインの価格というと最初に頭に浮かぶのがマウントゴックス事件です。でも、チャートを見るとかわいいものです。

--みょ んじゃぁ コインチェック事件は?

うん。2018年1月26日にコインチェックのNEM流出事件が発生しました。最高値を記録したのが2017年12月17日ですぐに下落していますので、こちらのニュースもあまり影響はなさそうです。


現在は1ビットコイン6,317USDです。最高値の33%となっています。3分の1です。フィボナッチ級数の0.618押し(38.2%)を下回っています。

テクニカル的にはもはやどこまで下がるかわかりません。

--みょ ファンダメンタルズ。。。。

う~ん。仮想通貨のファンダメンタルズというのは難しいのです。だれも保証してくれない。

とはいっても、需給でまったく自由に価格が決まるかというとそうでもなかったりします。

原油に掘削コストがあるように、仮想通貨にはマイニングコストというのがあります。マイニングコストを下回るようだと、誰もマイニングしなくなります。つまり、新たな仮想通貨が出回らなくなります。

需要があれば、仮想通貨はマイニングコストを大きく割り込むことはないということです。

--みょ 需要がなかったら?

うん。需要がなければただの電子ゴミですね。


中国では2017年9月にICO(Initial Coin Offering)を全面禁止しました。2018年1月にはマイニング事業を規制して、世界最大となっていた中国のマイニング工場は閉鎖に追い込まれました。続いて中国人民銀行は2018年3月29日、全種類の暗号通貨を禁止すると発表しました。

また、中国に次ぐ規模だったインドも中央銀行が仮想通貨を禁止しました。

--みょ 大変だみょ 需要がなくなるみょ

う~ん。とはいっても中国です。当局が規制してもややこしくなるだけで事態は改善しません。あの手この手で中国人の仮想通貨投機は下火になってはいないようです。


気になるのは今後の展開ですが、個人的には余程のサプライズがない限りじり貧だと思っています。

ブームは終わったと思うのです。これだけの価格変動がありましたので、損をした人たちは簡単には再起できないと思うのです。そして、今まで静観していた投機家がここから参入できるかというと、難しいと思うのです。少なくとも今は。

--みょ んでも儲けた人がいるみょ

う~ん。本当にそうでしょうか。日本で考えると最高値が昨年末ですので、上手に売り抜けたら売却益はとんでもない額になっています。ほくほくです。でも、とんでもない売却益にはとんでもない所得税がかかります。

仮想通貨による所得は雑所得です。4000万円以上で45%の所得税が必要です。確定申告時期にはすでに下落が始まっています。税金を払って一息ついたら残りの評価額は3分の1になっています。言うほど儲かっている人はいないのかもしれません。

それでも仮想通貨成金もいるとは思います。でも、新しい資金が入ってこなければそれ以上儲けることはできないのです。

宴は終焉したと思っています。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2
エクセルでチャートを描いてみよう

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事








使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告