11
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

FISCO 株・企業報2018冬号 読みました。

 

ということで、「FISCO 株・企業報2018冬号 今、この株を買おう」を読みました。

ということで、読んだ感想などを書いてみます。本に書かれていることと、本に触発された個人的意見が入っています。


構成はいつものように、冒頭のSpecial Article.01で今回は「10年後の日本未来予想図 デジタル資本主義がやってくる!」を特集して、Special Article.02~04で銘柄をリストアップして解説するといった寸法です。

特集のSpecial Article.01にはスペシャルインタビューと5つのコンテンツがあります。

銘柄紹介もありがたいのですが、この特集が読みごたえがあるのです。


デジタル資本主義というのは何も仮想通貨が支配する資本主義というわけではありません。

今は銀行取引もオンラインで個人でもインターネットバンキングですし、キャッシュレス決済が可能な電子通貨もあふれています。お金を集めるにもICOやクラウドファンディングです。

選択肢の一つとして発行主体のない仮想通貨があるということかと思います。


仮想通貨の話をすると必ず話題になるのがブロックチェーンです。仮想通貨とセットで広まっていますが、もともとは仮想通貨に限った技術ではありません。

改ざんや削除を判別する有効な技術なのです。

--みょ 改ざんや削除の判別って一般人は使わないみょ

う~ん。でも、言論統制の厳しい国ではSNSなどで体制に都合が悪い発言は削除されたりします。また、日本でも残念ながら公的文書が改ざんされたり隠されたりといったこととは無縁ではありません。

ブロックチェーンは仮想通貨よりも広く活用できる技術なのです。今後は幅広く活用されるのかもしれません。


5つ目のコンテンツは「アマゾン・エフェクトの脅威」となっています。

Amazonは過去10年の主役だと思いますが、現在ではいろいろな障害が起きています。本家アメリカでも批判が出ていますし、日本でも質が悪化して問題が噴出していると思います。

昔。大手スーパーが郊外に進出して周りの商店街や個店を廃業に追い込んで、ライバルがいなくなったら好き放題商売を進めて、新たなライバルが進出して好き勝手出来なくなったら撤退するというのが問題になりました。

大手スーパーが撤退したら個店も商店街もありませんから住民は買い物ができなくなってしまいます。大量の買い物難民を生み出したのです。

今は、Amazonが好き勝手やっているターンなのかもしれません。リアルなスーパーや他のネット店舗が廃業に追い込まれたらもっと好き勝手されるかもしれません。何しろ他の選択肢がなくなるわけですから。

と考えると、デジタル資本主義ってのも選択肢の一つぐらいに考えて、完全に頼ってしまうというのは危険なのかもしれません。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2
エクセルでチャートを描いてみよう

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事








使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告